トヤスム株式会社|キッチンのリフォーム素材

こんにちは。トヤスム株式会社です。

使い勝手の見直しや、ライフスタイルの変化に合わせて家のリフォームをお考えの方、
まあ予定はないけれど気になっているという方にも是非お伝えしたいキッチンのリフォームについて
本日はご紹介させていただきます。

人工大理石もキッチンの定番!ステンレスとの違いを徹底比較

キッチンの入れ替えをするとき、たくさんのメーカーがカジュアルからハイグレードなものまで様々な商品を取り揃えているので選ぶのが楽しいです。キッチンの形も好みにあったものが探せるでしょう。さらに、大理石、人工大理石、ステンレスなど多くの素材があるので、組み合わせを考えて迷ってしまうこともあるでしょう。キッチンはデザイン性が高いものがたくさんありますので、上手に選べばおしゃれな空間になります。しかし、どうやって選んだらよいか悩むこともあるのではないでしょうか。

人工大理石が持つ特徴は?

キッチンに使われている素材の中で、よく見かけることがある人工大理石。天然の大理石と違いアクリル製の樹脂や、ポリエステル樹脂などを使って造られています。
見かけは大理石のように見えますが、石でできているわけではないため、熱にそれほど強くありません。また、傷がつきやすい面もあり、取り扱いには注意する必要があります。それでも天然の大理石をキッチンに使うのはさすがに費用面で難しい、でも大理石に近い風合いを出したい、という方に人気があります。キッチンの印象を変えたいときにはとても魅力的です。

ふんわりとした優しい印象が特徴
ふんわりとした優しい印象が特徴

インテリアとしておしゃれ

人工大理石を使ったキッチンは、インテリアにもなじみやすいです。特に家の中にあるキッチンの位置によって大きな違いを生み出します。
人工大理石を使うことでまるで家具のような雰囲気をかもしだしてくれるのです。例えば、アイランド型のキッチンは独立性が高く、カウンターのような台になっており、リビングと一体化していることが多いです。おしゃれなキッチンというイメージがあります。ステンレスだと少し無機質な感じになりますが、人工大理石のキッチンを用いることで、リビングの雰囲気に自然に調和するでしょう。

全体として温かみのある空間に仕上がる
全体として温かみのある空間に仕上がる

高級感がある

なぜ人工大理石が部屋全体のインテリアと調和することができるのでしょうか。その理由として、色やデザインなどが豊富に取り揃えられていることがあげられます。
白やマーブルのような色彩、少しダークな風合いや質感のあるものまで様々です。自分の家のキッチンやリビングにあった色合いを探すことが可能になることも魅力のひとつです。また、高級な雰囲気を出してくれるので落ち着きのあるキッチンになります。

天然のものに比べてリーズナブル

人工大理石の魅力はデザイン性が高いだけではありません。天然の大理石を使っているキッチンは高価であるため、取り扱いもそれほど多くないのが実情です。それでも、あの天然大理石の高級感にあこがれる方も多いでしょう。
このようなニーズを満たすために、リーズナブルに大理石の雰囲気をつくるためにできたのが人工大理石です。そのため、天然大理石よりも手が届きやすい価格であることが魅力であるといえるでしょう。

ステンレスと人工大理石の大きな違いは?

人工大理石と同じように、キッチンによく使われるものはステンレスです。ステンレスは人工大理石よりも傷がつきにくく、熱や水などにも比較的強いことから、人工大理石よりも扱いやすいといわれています。ただし、ステンレスはさびがつきやすいのがデメリットです。
最近はさびにくくなってはきているものの、人工大理石はさびません。また、費用やデザイン性にも違いがありますので、好みがわかれるところでしょう。

ステンレスは錆びやすくキズがつきやすい
ステンレスは錆びやすくキズがつきやすい点も

【1】費用面

ステンレスと人工大理石の違いといえば、費用面ではないでしょうか。人工大理石の中でもアクリル樹脂製のものは、耐久性に優れているといわれており、ポリエステル樹脂の人工大理石よりも価格が高めな傾向にあります。
それでも、ステンレスと比較した場合には人工大理石のほうが費用がかかるでしょう。ステンレスにも種類はいろいろあるのですが、費用が安く収まるのはステンレスといえます。

【2】デザイン面

見ただけでキッチンとわかる
見ただけでキッチンとわかる

ステンレスと人工大理石のデザイン面についても違いがあります。ステンレスは単一色であり、いかにもキッチンというイメージがあります。さらに、時間の経過とともに光沢が失われていきますので、キッチンとしての実用性は高いですがデザイン面では人工大理石のほうがおしゃれなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、ステンレス製のキッチンも実用性とデザインを兼ね備えた優れたものもあります。自宅のキッチンをどのような雰囲気にしたいかで選び方がかわってくる可能性があります。

【3】印象面

ステンレスのキッチンの印象は、料理ができそうなイメージがあるのではないでしょうか。厨房のような雰囲気がありますので、おしゃれなものを選べば、スタイリッシュな空間を演出することができるでしょう。人工大理石は料理をしながら、カウンターに人が集まり、キッチンでもくつろぐというようなイメージがあるのではないでしょうか。キッチンが家具と一体化したような印象になるでしょう。

結局どちらを選ぶべき?ケース別で考える最適な選択

結局どっちを選べばいいの?
結局どっちを選べばいいの?

実際にキッチンを選ぶときには、数あるキッチン素材の中でステンレスと人工大理石のどちらかで迷うケースが多いのではないでしょうか。迷う理由としては、予算面でどれくらいのお金がかけられるのか、デザインも大切だけれど、使いやすさももちろん大切、結局どれがベストなのだろうということです。それぞれのケース別にみていきましょう。

費用で選ぶ

キッチンは独立した場所にあるし、リビングからみえることもない、簡単な料理ができればいいので最低限の機能があればよいと考える方もいるでしょう。
このようなケースでは、費用がそれほどかからないことを望むことが多いです。ステンレスのキッチンは、人工大理石よりも費用が安くなりますのでこの場合には適しているといえます。

デザインで選ぶ

キッチンも立派な部屋のインテリア、と考える方であれば、見た目やデザイン、部屋の他のインテリアとの調和に妥協はしたくないのではないでしょうか。このようなケースは人工大理石を使ったキッチンが適しているといえるでしょう。豊富な色やデザインがありますので、自分の求める理想のキッチンができるのではないでしょうか。

費用はステンレスよりも高めの傾向はありますが、満足度は高いでしょう。一方で、ステンレスのシャープな風合いが好きで、あえてステンレスを選ぶ方もいるでしょう。

使いやすさで選ぶ

ステンレスと人工大理石について詳しくみていきましたが、キッチンは料理をする場所であるという原則に立ち返ってみると、機能性、実用性というものは外せないのではないでしょうか。人それぞれ、キッチンの使い方は違うものです。料理が趣味な方も多いでしょう。料理を作る頻度が高い方であれば、機能面を重視するとステンレスを選ぶ可能性があります。

キッチンはカウンターと一体型で、料理だけのためではない、という考えがある方であれば、人工大理石を使ったキッチンのほうが使いやすいと思うこともあります。

まとめ:自分の趣味趣向も大切!色々な条件を参考に選んでみよう

自分に合うものをとことん選んでみよう
自分に合うものをとことん選んでみよう

人工大理石もステンレスも、キッチンではお馴染みの仕様なので、いざどちらかを選ぶときには迷ってしまうこともあるでしょう。イメージがわかないときには、ショールームに足を運んでみたり、パンフレットを取り寄せたりすることで、自分の好きなキッチンのイメージが固まってくるでしょう。
また、キッチンを配置する家の中のインテリアとの調和や、どれくらいの頻度で料理をするのかなどもあわせて考えてみるとよいでしょう。キッチンはそれぞれの家庭のライフスタイルと密接に関係していますので、妥協しないで選ぶことが大切です。

好みもあるかとは思いますが、機能性をはじめ長い目で見たとき、
劣化した際の気になるポイントなどをきちんとおさえた上でデザインも考えましょう。

042-850-9782
リフォームのことならなんでもお問い合わせください。
私たちは、家は休む空間だと思っています。
安心して暮らせるようにと心をこめて対応させて頂きます。
家のことなら、とにかく何でも相談を!
私たちは当日対応を目指します!

大事な家をリフォームする時は是非ともトヤスム株式会社にお任せください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

トヤスム株式会社
http://toysm.co.jp/

町田本社
〒194-0014
東京都町田市高ヶ坂7-8-1
電話 042-850-9782
FAX 042-850-9783

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です