トヤスム株式会社|介護をしやすくするためのお風呂のリフォーム

こんにちは。トヤスム株式会社です。

現在は介護の為にバリアフリーにリフォームされる方が多いですが、今回はお風呂のリフォームについて注目してみたいと思います!

手すりや階段が必要!

介護をしやすくするためのお風呂のリフォームとは

手すりや階段が必要!介護をしやすくするためのお風呂のリフォームとは

高齢化や病気などによる身体の機能の低下よって、介護リフォームが必要になることがあります。浴室の介護リフォームでは介助を行うためのスペースに配慮し、手すりや階段の設置などを行うことが必要です。

介護のためのお風呂でリフトを取り付けるリフォームについて

pixta_18363077_M
高齢者の入浴をサポートする重要な器具が、入浴用のリフトです。これは、高齢者の方が椅子に座った状態のまま、その椅子が上下左右に動くことでお風呂に浸かったり体を洗ったりする動作を補助します。
お風呂にリフトを取り付けることで、高齢者を抱きかかえて入浴するという必要がなくなるため介護にかかる負担を大幅に軽減することができます。

お風呂にリフトを取り付けるというと、大掛かりな工事を想像されるかもしれませんが、工事が不要で設置するだけで使用可能な浴室用リフトも販売されています。

浴槽をリフォームによって介護仕様にする

pixta_7386159_M
高齢者が安心して入浴するためには、浴槽の交換のリフォームも欠かせません。浴槽を介護仕様にするためのリフォームにおいて、特に重要となるのは以下の2点です。

1:浴槽の形
高齢者の方でも腰などへの負担が少なく入浴できるよう、腰をかけられるタイプの浴槽に交換する必要があります。浴槽が深すぎると浴槽の出入りが大変になるため、事故のリスクも高まるため注意が必要です。

2:手すりの設置
高齢者の入浴に欠かせない器具は「手すり」です。特に浴槽への出入りの際には、手すりがないと不安定な姿勢になります。そのため、浴槽への出入りの際に捕まることができる手すりを浴槽の内部や壁に設置することが必要です。

介護用風呂手すりのリフォームのポイント

pixta_16302907_M
先述したように、浴室を介護仕様にリフォームする際には、「手すりの設置」は必須項目となります。また、手すりは適切な箇所に設置することがポイントとなります。浴室内において手すりの設置が必要な主な場所は以下の通りです。

1:浴室への出入り口部分
2:浴槽と洗い場の境目部分
3:浴槽から出る際に掴まれる位置
4:洗い場で立ち座りする際に掴まれる位置
5:浴槽内で姿勢を維持するために掴める位置

これらの場所に手すりを設置することで、高齢者の方でも安心して入浴できるお風呂にリフォームすることができます。

シャワーチェアを車椅子の利用で使用しやすくするためには

pixta_1603975_M
車椅子を利用する人が浴室で体を洗う際には、「シャワーチェア」が必要になります。ここでポイントとなるのは、シャワーチェアまでの車椅子の動線と、浴室内の洗い場のスペースです。

まず、浴室まで車椅子で移動できる動線が確保できていないと、車椅子を利用する人が浴室まで自力で行くことが困難になります。浴室内のシャワーチェアの隣まで、車椅子で行かれる動線とすることが理想です。

また、家族などの介助者が入浴を補助する際に、本人の前後に回り込むことに配慮して、浴室の洗い場のスペースを確保する必要があります。

車椅子の利用でも浴室の手すりをリフォームする必要性

pixta_7413892_M
車椅子を利用する人が入浴する際にも、「手すり」は欠かせない設備です。手すりの設置は1カ所だけではなく、浴室の出入り口や浴槽と洗い場との境目など複数の箇所に必要です。先述した場所を参考に、身体の状況に合わせて設置しましょう。

入浴用車椅子を活用する方法も

pixta_16565714_M
車椅子の方の入浴を補助するための器具として「入浴用車椅子」というものがあります。
これは浴室でもそのまま使えるように設計された車椅子のことで、アルミ合金製フレームなどを使用しており、一定の防水性能を備えています。

また座面が回転するなど浴室内でも動きやすいよう設計されています。コンパクトに折り畳めるタイプのものもありますので、使用しないときには置いておくスペースもそこまで取りません。浴室のスペースや身体の状態によって使用を検討してみましょう。

浴槽階段をリフォームで設置して出入りを楽に

pixta_12970733_M
お風呂のバリアフリー化を考えた場合、意外と見落としがちなのが「浴槽」です。若い頃には気がつかないものですが、年をとってからお風呂に入ると、浴槽の出入りが大変なことに気がつきます。

特に日本の浴槽は肩までお湯に浸かれるよう、比較的深いタイプのものが多いため、高齢者が浴槽を出入りするのが負担になる場合があります。そこで、浴槽に階段となるようなステップを付けるリフォームをすると、浴槽の出入りが高齢者でも容易になります。
浴槽用のステップは、簡単に取り外しできるものもありますので、使わないときは取り外しておくことも可能です。

浴槽階段ってどのくらいの費用でリフォームできるの?

pixta_14362583_M
浴槽に階段を取り付ける費用は、ケースによってまちまちです。ただ、階段を浴槽と一体化するように取り付けてしまうと、あとで不要になったときに取り外すことができません。
そのため、浴槽の階段には多くの場合、介護用の「浴槽ステップ」が利用されています。

これはいわゆる踏み台のようなもので、お風呂の中でも滑らないよう、足がゴムなどで加工されています。また、ステップは持ち上げて容易に動かすことができるので、浴槽内に入れて椅子として使用することもできますし、浴槽から出るときにも使用することが可能です。
浴槽ステップは介護保険の対象商品ですので、是非検討してみて下さい。

浴槽用ワンタッチステップお風呂補助階段の費用について

pixta_11873199_M
お風呂の出入りに関する問題を簡単に解決してくれる優れものとして、「ワンタッチステップお風呂補助階段」があります。既存の浴槽に簡単に後付けできる階段式の踏み台のことです。

取り付けは簡単で、浴槽の縁の部分にステップを上から置いて引っ掛けるだけで簡単に固定できます。床に置くタイプのステップよりも滑りにくく、かつ、本体価格も1万円程度と購入しやすいので検討してみましょう。

階段下浴槽の費用は高額になりやすい

pixta_14535445_M
高齢者の浴槽の出入りを楽にするもう一つの方法に、浴槽の位置を床面よりも低くするという方法があります。つまり、床の下に浴槽を埋め込むようなイメージです。これは一戸建てなど限られた住宅でなければできませんが、温泉施設などではこのような浴槽が多く見られます。

出入りは簡単になりますが、リフォーム費用がかなり高額となることや構造上施工が難しい場合もありますので、予めリフォーム会社に相談しておよその見積もりを聞くのが確実でしょう。

階段だけではなく在来工法の浴室をリフォーム

pixta_11294743_M
階段や手すりの等の設置のリフォームでは、在来工法の古いお風呂のリフォームをするという選択もあります。在来工法のお風呂はタイル張りのケースが多く、使い込んだタイルは滑りやすいです。表面は非常に硬いため万が一転んだときに致命傷となりかねず、床が冷たいこともデメリットです。

ユニットバスでは滑りにくい床材が採用されていることが多く、クッション性や保温機能が付加された機能性の高い商品もあります。ユニバーサルデザインに配慮されたユニットバスも展開されています。

部分的なリフォームではなく、バリアフリーに対応したユニットバスに交換することも検討してみましょう。

高齢者や介護が必要な人に向けたリフォームでは、バリアフリー工事に対する専門的な知識が必要です。

いかがでしたか?
浴槽のリフォームだけでも色々と知識が必要になるかと思います。
ご自身のご自宅がどういう状態なのか、そこからどのくらい改善が必要なのか、是非リフォームのプロに色々と聞いてください!
042-850-9782

リフォームのことならなんでもお問い合わせください。
私たちは、家は休む空間だと思っています。
安心して暮らせるようにと心をこめて対応させて頂きます。
家のことなら、とにかく何でも相談を!
私たちは当日対応を目指します!

大事な家をリフォームする時は是非ともトヤスム株式会社にお任せください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

トヤスム株式会社
http://toysm.co.jp/

町田本社
〒194-0014
東京都町田市高ヶ坂7-8-1
電話 042-850-9782
FAX 042-850-9783

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です